選び方 損金算入 法人保険 法人税 簿外資産 医療保険

 医療保険の選び方について注意したいこと

みなさんは、医療保険に入っていらっしゃいますか? 医療保険を選ぶときに、どのようなことを考えて選びましたか? そういう私はどうなのかと言いますと、20代のころに初めて入ったんですが、そのときの選び方には反省点も多いです。 これから医療保険に入ることを検討している人もいらっしゃると思いますので、参考になるかどうかわかりませんが、私が経験した失敗も交えてご紹介します。

私が感じている最も大きな失敗は、人気ランキングや口コミ、掛け金や給付金の金額など、医療保険の商品そのものにばかりとらわれて、総合的に判断しなかったということです。 そのときの失敗を二つほど挙げると以下のとおりです。

一つ目の失敗は、高額療養費制度があるのを知らなかったということです。 たとえば、総額で100万円の医療費がかかったとします。 3割負担の場合ですと、30万円の負担となります。 高額療養費制度を使うと、この負担金額が9万円弱で抑えられます。 要は、この9万円弱の部分を医療保険で賄うといった考え方がありませんでした。

二つ目の失敗は、年末調整や確定申告での医療保険料控除の制度について知らなかったということです。 医療保険料控除についてですが、医療保険にどれだけ支払っていようと、最大で5万円まで(平成24年度以降に入った医療保険に関しては4万円まで)しか控除されません。 私の場合、年間5万円以上の掛け金を支払っていたため、税金面から考えると損をしているという状態でした。

多くの失敗を通じて感じたのは、総合的に判断する必要性です。 これから医療保険に入る人は、医療保険そのもののことばかりではなく、総合的に判断して選ぶことを強くおすすめします。

医療保険は、数年前までは、かなり制約がありました。 病気といっても、癌は対象にならない、以前に大病を患った人は加入できない、などです。 しかし、最近では、癌専用の保険ができました。 又、大病を患った人でも、その病気以外の病気、怪我に対する保証という医療保険も現れました。

しかし、冷静に考えると、大病を患った人は完治後も、仕事を得るのは難しく、余裕がある生活を送れるのは本の一部です。 ですから、本来なら、大病を患った人にこそ、医療保険を提供するべきなのです。 医療保険の種類は様々です。 病気や怪我は、突然襲われるものも多くあります。 かといって、大病をしないで、一生を終える人もいます。

そして、補償の手厚い保険は、毎月の掛け金も高い為に、敬遠する人も多いでしょう。 それでは、毎月の掛け金を安く抑え、病気にかかった時に手厚い補償を受けたい場合はどうすればいいでしょう。 それは、「掛け捨て」の物に加入する、という選択もあります。 掛け捨てを、勿体無いと言う人もいるでしょう。

しかし、自分に毎月多額の掛け金を払う余裕が無いからと、低い掛け金の低い補償の保険に入ったとします。 その後、大病を患い、保険金だけではまかなえない場合は大変です。 そんな事にならない為に、月々2〜3000円の出費だったら、「安心料」として、掛け捨ての掛け金を払うのも良いのではないでしょうか。 医療保険をどのように考えるかは、人それぞれです。 自分の生活スタイル、収入などを考えて、賢明な選択をしたいものです。

告知義務違反